さりげないエアコンの調整で電気代を節約しよう

月: 2021年6月

毎日の紫外線対策と日焼けの悩み

紫外線が強くなり、日焼けが気になってきました。洗濯物を干すとき、取り込むときのちょっとした日焼け、運転中の腕の日焼け、首元の日焼けに気を付けています。外出時は首元にはUVカットスプレーをして首周りを隠すようなストールを巻きます。

http://www.flashdesignstore.com/

そして出来るだけ日傘をさすようにしています。ですが、ちょっとした家事の時や、荷物を多く持っている時は日傘がさせません。そして年をとるごとに紫外線による首のしみが気になっています。腕はUVカットローションを付け、アームカバーをして運転するようにしています。悩みなのが手首まではなんとか日焼けをとどめていますが、手の甲の日焼けが気になっています。手の甲にもUVカットローションを付けますが、常に手を洗っているため、どうしても手の甲だけ焼けているのです。

手の甲と手首からの境界線ができているようでちょっと嫌な気持ちになります。アームカバーを手の甲まで伸ばすこともありますが、運転しにくいことや、ちょっとした作業がしにくいので、ついつい手首までのカバーになってしまいます。手の甲の日焼け、これが毎年の悩みになっています。

朝や昼、気になる時に頭からべたつかないスプレーを全身に浴びたい気持ちでいっぱいです。そんな手軽で紫外線対策のできる製品が開発されないかと期待しています。

マスク生活が引き起こした肌トラブル

昨年からのコロナ下において始まったマスク生活の影響で、今まであまり悩んでこなかった肌トラブルとの戦いが始まりました。私が悩まされたのは頬の赤らみです。マスクを1日中着用しているので、頬とマスクの擦れによる赤みと乾燥による痒みがありました。症状を緩和するためにはマスクを外す時間を確保することです。

アイウルル

しかし外出時にはマスクが必須ですし、解決策が見つからないまま症状が悪化していきました。ガーゼを挟んでみたり、より一層の保湿を意識がけましたが、劇的な改善は見られず困りきっていました。そんな時私に訪れた救世主、それはテレワークの開始です。当初は頬の赤みをマスクで隠せない状態でビデオ通話をすることへの抵抗感がありましたが、実際には画質の悪さが助けになってメイクで完全に隠せました。そして嬉しいことに頬の赤らみも次第に治ってきて、痒みもなくなっていきました。

改めてマスク生活の大変さを感じましたし、できるだけ早くマスクをしないで過ごせる社会が戻ってきて欲しいと切に願うようになりました。在宅ワークが増加した現在は、室内でも日焼けをするという情報を知ったので、外出しない日にも必ず日焼け止めを塗って、シミ防止を心がけた生活をしています。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén