さりげないエアコンの調整で電気代を節約しよう

月: 2021年2月

3ヶ月で?15キロ…30歳男のダイエット譚

身長172センチ、大学生の頃は、60キロ。体型のことなど、気にしたこともなかった男です。その後、社会に飛び出し、いつしかストレスが溜まり、食に走っていました。

「なんか太った?」と言われることが増えていましたが、自分では気づかないものです。パエンナキュットは評判通り?

ある休日。愚かな私は、体重計に乗ったのでした。今思えば、ミシミシ、と体重計が悲鳴を上げていたように思います笑

針が、勢いよく動き出しました。針は、迷うことなく、84キロを指したのでした。

え…。

私は鏡を見ました。確かに、太った…?

Tシャツをめくり、見たお腹様は、ベルトの上に、でーんと乗っておられる。

鏡の向こうに、でぶがいる…。

これが、ダイエットのきっかけです。

食べなければ良いだろう、と安易な発想で、1日1食、夜ご飯のみの生活を2週間ほど続けました。しかし、変化なし。そりゃそうだ。1食だからといって、夜にめっちゃ食うんだもん。

これじゃダメだ!私は以下の2点に注目しました。

自分の消費カロリーの計算。

低カロリーレシピ。

カロリーを抑えりゃ痩せる!という、少し強引な発想ですが…笑

その上で実践したのは、以下のことです。

食事は、野菜サラダから。メイン料理は、ミネストローネ。

そして大切なのは、日々の体重を記録すること。

けれど、ストレスは大敵。定期的に、ダイエット休息日を設けました。コンビニスイーツや菓子パンなどを食べても良い日。永続的なダイエットより、定期的な休息日があることで、罪悪感が生まれ、翌日からのダイエットへの意識が高まります。

そして、ダイエットで何より大切なことは、なぜ痩せたいのか、を考えることです。

SNS上の、過去の自分の体型を見て、この頃に戻りたい。この頃のサイズの服を着たい。自己管理をしっかりできる男になりたい。など、自身のでぶに気づいてから、様々な理想の自分を思い描くようになりました。これが大切です。

ダイエット理論ではなく、理想の自分の設定、それを達成することで広がる可能性を考え、意識します。

私はこの方法で、3ヶ月で体重は15キロ減。4ヶ月目の現在、67キロまで落ちました。

ダイエットを続けつつ、体重を記録すると、自分の体重の増減のパターンがわかるはずです。そうなれば、比較的、しっかりと食事をとりながら、痩せ続けることは可能だと思います。

皆さま!難しい知識などはいりません。理想の自分を思い描き、ダイエット生活を始めてみましょう!

ビジネスマンなら1000円カットが一番!おすすめする理由とは

ヘアカット、1か月に1度は行っておきたい・・・

ただ、美容院はお金がかかるし、散髪屋はおしゃれにならないし・・・

そんな悩みを抱えているビジネスマンに、1000円カットの魅力と、思い通りの髪型にするための活用方法についてお伝えします。

1000円カット、今や駅ナカや改札近くに沢山見かけますよね。

立地や価格はとても魅力的ですが、髪型が変になるのは避けたいしなぁ・・・と私も試すまでは思っていました。

ただ実際に行ってみると分かったのは

「ビジネスマンは1000円カットがおすすめ」

http://www.assupportgrouponline.org/

だということ。

なぜなら、1000円カットの美容師さんはビジネスマン向けの髪型をカットするのに慣れているからです。

髪型を具体的に指摘しなくても、清潔感のある髪型にしっかり対応してくださいます。

そんな1000円カットですが、注文の内容によっては失敗することもあります。

それは、「少し変わった髪型」をお願いするとき。

ビジネスマン向きの髪型というと、オーソドックスな髪型ですよね。

そこから外れた髪型になるほど、美容師さんによっての違いが大きく、思った通りにならない事が多いです。

ツーブロックなどの簡単な変化でも、どこまで刈り上げるか?や何mmのバリカンで刈るか?など人によるイメージの差があるので気を付けましょう。

それでも「こういう髪型にしたい!」というこだわりがあるなら、同じ美容師さんにカットしてもらえるように、時間帯などを工夫して通うのが良いでしょう。

たった1000円で、通勤の間に通える1000円カット。

うまく活用して時間やお金の節約をしちゃいましょう。

自分に似合うヘアースタイルを見つけよう!

実は今まで、ヘアースタイルに悩みがありました。女性雑誌にあるようなヘアースタイルがことごとく似合わないという悩みです。http://www.pachafestivalbali.com/

小さなころはそんなに気にしたことはありませんでした。水泳を習っていたのでプールの塩素で傷んでバサバサになっているのに母がドライヤーで乾かしてくれる間もヘアケアなど気にせず、それよりも早く終わらせてそのころ夢中になっていた漫画を読みたいなんて思っていた少女時代でした。

周囲の女の子がクラスメイトの目を気にしてオシャレし始めているのに感化されて少しは見た目を気にするようになりましたが、いかんせん今のようにネットで簡単に検索できるような時代ではなく情報不足なためにオシャレするためにはヘアースタイルなどの要素が必要不可欠だということがわからずなんともあか抜けないものでした。

社会人になってからも髪を伸ばしていれば女性らしくいられるだろうと思い込んで何のケアもせず何となく伸ばしていただけだったのですが、時代が流れ様々なヘアースタイルの画像など色々な情報が簡単に入手できるようになり、その中で私の心にピンときたものがあったので早速ヘアサロンに行って同じように切ってもらいました。

ただ伸ばしていただけだった髪をバリカンで刈ってもらい、現在はほぼ丸坊主の状態です。あまり女性らしくはないと言われるかと思いましたが、意外と周囲からは評判がよくとても似合っていると言われて自信が付きました。

ただ、この髪型でまたさらなる悩みが出てきてしまったのです。それは普通の髪型では満足できなくなってしまったこと。今度は反りこみを入れたいなあと思いつつも、もういい年なのだから少しは落ち着いたほうがいいのだろうかと悩みながらヘアサロンに行って相談をしなきゃなと思っています。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén