さりげないエアコンの調整で電気代を節約しよう

カテゴリー: 筋トレ

筋トレデビューしたものの難しい

最近、ダイエットの為に筋肉をつけないと痩せる体質にはならないと思い、時間は短いけど毎日コツコツとやってます。毎日ひたすら同じ事を続ける事が大切と、自分に言い聞かせなるべくサボらないですむ時間のをYouTubeから探しやってます。4分もののが自分では気にいってやってますが、今まで、体を動かさない、やろうと思っても続かないの連続でしたが、今はなんとかまだ1カ月くらいですが、続いてます。

鍛神(きたしん)の効能検証!!

でも、家の人、特に夫に見られるのがなぜかとてもイヤでいない時や、風呂に入ってるときにササッとやってしまいたく、4分のプランクを中心にやってますが、4分でもこの年齢になるとキツイこと。心がポキっと折れそうですが、体の中から変えないとと、思い頑張ってやってます。また、寝る前にもいいというのもしてますが、みんなが寝てるとやりやすいのですが、

起きてるとやりづらいので、半分くらいでやめてしまったりもしてます。ですが、とにかく毎日コツコツと続けていればいつか目に見えてわかるほどの効果があると信じて、何度も言ってますがコツコツと地道に毎日続けてやっていって、今の目標は10キロ痩せる事なので、痩せたね。と、言われるまで頑張りたいと思います。疲れて、今日はナシで明日やる。は、無しにして疲れててもやっていきたいと思ってます。気持ちはとても前向いてる発言してますが、ちゃんとやりたいと今回はなぜか気合い入ってます。

筋トレも正しいフォームで正しく行おう

皆さんは、筋トレする際に、適当な重さでただウエイトを上げ下げしているだけではありませんか?

そのようなやり方では、筋肉がつかないだけでなく、逆に体を傷めてしまう恐れがあります。

筋トレするにも、正しいフォームは大切です。

鍛神

ウエイトを上げ下げする際の軌道や、動作ごとの姿勢、そして呼吸に至るまで、正しく行うことによって、正しく筋肉をつけることができるのです。

トレーニング種目ごとの正しいフォームは、書籍やインターネットなどでご紹介されていますので、ぜひご参考になさって下さい。

また、ウエイトの重さは、10回から15回を3セット行った際に、3セット目でいっぱいいっぱいになるぐらいの負荷に設定しましょう。

そして、その重さに慣れてきたら、さらにウエイトを増やすようにすれば、筋肥大の効果をより一層増大させることができるでしょう。

呼吸やウエイトを動かす速度も、正しく行うことによって、より筋肉がつきやすくなりますので、これらも忘れずに習慣づけましょう。

元の位置から、負荷がかかるところまでは、できるだけ早くウエイトを動かし、息も素早く吐きます。

そしてウエイトを元の位置に戻すときは、息を深く長く吸いながら、ゆっくりと戻します。

正しいフォームと正しい重さで、このようなウエイトを動かす速度と呼吸にメリハリをつければ、より効果的な筋トレが期待できるでしょう。

毎日コツコツ通ってます

半年前からジムに通い始めました。メイプアップを購入

24時間空いているので仕事が終わってから行くことが多いです。始めたころは食事の量は変えずにやってました。好きなものは好きなだけ食べたいので。でもプロテインを始めてから夕食の量を少し減らしました。おかずは以前と同じくらいですが、白米はお茶碗に3分の1程度にまで減らしました。プロテインを飲むとけっこうお腹膨れます。

ジムでの運動量は約1時間ほどです。まずは十分にストレッチをします。ベンチ、腹筋、けんすい、ダンベルを100回ずつします。時々ジョギングしています。トレーナーは付けていません。メニューも自分で考えてやってます。2カ月ほどで脂肪が落ちてきて3・4ヶ月目くらいから背中中心に筋肉が付いてきました。

だいぶ分厚い体つきになってきています。最近では毎日数分でも体を動かしたり鍛えていないとなんだか落ち着かない、というところまできています。最初はダイエットのために始めた筋トレでしたが、今では趣味のようになって鍛えるのが楽しくなっています。毎日少しずつ変わっていく体を見ると達成感とやりがいを感じます。ジム終わりには近くの温泉で汗を流して帰ります。心も体もリフレッシュできるのでオススメです。

モチベーションを維持させて無理のないメニューで毎日頑張ること

ところが筋トレというものはどうしても体に負担をかけて行うものですから、これを毎日続けるにはかなりの信念が必要です。三日坊主では筋トレの成果など期待できるわけもありません。毎日無理なく行うことを考える必要があるでしょう。どんな事でもそうですが、すぐに成果が出ないからという理由で継続できなくなるケースというのは非常に多いです。筋トレはコツコツ毎日行っていくことで大きな成果を生むのですから、まずは継続させることが大事です。

メイプアップ

何も筋トレを継続させるためだけではないのですが、自分のモチベーションというものを持続させることが必要です。これは何にでも通じることではないでしょうか。辛い事でもこれを続ければ自分の夢や目標が達成できるとか、実際にその夢や目標を達成させた自分を思い浮かべてみることも必要です。そのために今は頑張るのだという気持ちが大事になります。このモチベーションを上げる方法はいろいろとあり、自分に合った方法を取るといいでしょう。

それから筋トレを行う上でのストレスを考える事も必要です。大きな成果を生みたいがために過酷な筋トレメニューを行うのは避けた方がいいでしょう。毎日続けるためにはもう少しハードルを下げてみることも必要です。また、筋トレの中で行う種目も絞って負担を減らす事も必要になります。あれもこれもと欲張ってはとても継続させることはできません。筋トレは孤独なトレーニングというイメージがありますが、同じ目標を持つ仲間をつくることも、筋トレを続けるためには必要なのではないでしょうか。

美しい胸板と腹筋を目指してトレーニング

私は50歳になりますが、プロポーションへのこだわりがあり、毎日筋肉トレーニングをしています。それにあたって、食事制限はしていませんが、定期的にプロテインを飲んでいます。

具体的にしているトレーニングは、腕立て伏せ50回と腹筋50回を毎日欠かさず実施しています。それぞれ、1日1回ずつ夜のお風呂に入る前のタイミングでしています。鍛神HMBの口コミと効果

この生活を半年以上していますが、筋力がついたことを実感しています。かつては胸板と呼べるほど筋肉はついていませんでしたが、今では立派に胸板ができ、腹筋についてもシックスパックの様になってきました。また、筋力がついたおかげで体の代謝が上がり、太りにくい体質が手に入りました。また、かつては便秘になりがちな体質でしたが、便秘になることもあまりなくなりました。

筋肉がついたおかげで、夏場に水着になる時も、堂々と肉体を披露できて、ちょっと自慢げになりました。基礎体力もついたおかげで、風邪などひきにくくなり健康的な体が手に入りました。これからはジムにも通ってみようかと密かに考えていて、腕立て伏せや腹筋以外にも普段使わない様な筋肉などをトレーニングマシーンなどを利用して、積極的に鍛えていきたいと考えてます。

有酸素運動の効果を上げる筋トレ3選

有酸素運動とはウォーキングやジョギング、スイミング、エアロビクスなどのエネルギーを生み出すときに酸素を使って糖質や脂肪を燃焼する運動です。

これによって内臓脂肪を燃焼しダイエット効果が期待できることは知られていると思いますが、有酸素運動を行う前に筋トレをすると脂肪燃焼の効率が上がることはご存知でしょうか?

運動で使われるエネルギー源は、主に糖質と脂質です。糖質はエネルギー源として脂質よりも優先して使用されるため、有酸素運動を行う前に軽く筋トレをすることで、体内の糖質が少なくなり必然的に脂質が使用されるようになります。

また、筋トレを行うと新陳代謝が促進されるので、より有酸素運動による脂肪の燃焼効率が上がります。

「筋トレなんて面倒くさそう」と感じる人は多いと思いますが、今回は、今からでも始められて初心者でもできる簡単な筋トレを紹介していきます。

http://sdpturku.net/

○おすすめの筋トレとその方法

膝つき腕立て伏せ

通常の腕立て伏せとは異なり膝をついて負荷を軽くした状態で行い、胸、二の腕、背中を鍛えます。

①通常の腕立て伏せと同じ姿勢をとります。この時、両手は肩から拳2つ分ほど外側に置きます。

②膝を90度に曲げ、膝を床につけます。

③肘をまげて胸が床に着くようにゆっくり体を下ろしていきます。

④頭から膝までのラインが一直線になることを意識して肘を伸ばします。

⑤①~④を15~20回繰り返します。

フロントランジ

スクワットよりも腰への負担の少ない下半身を鍛えるトレーニングです。

①両手を腰に当て、両足を前後に大きく開きます。

②息を吸いながら腰を下ろしていきます。この時、前に出している方の足はかかとが膝の真下にくるように膝を直角に曲げてください。

後ろの方の足はつま先で床をとらえ、膝が床につかないようにします。

③息を吐きながら膝を伸ばします。

④①~③を15回~20回繰り返します。その後、反対も繰り返してください。

ヒップリフト

お尻周りを鍛えるトレーニングです。

①仰向けの姿勢になって両方の膝を90度に曲げます。

②足裏全体を使って肩から膝が一直線になるようにお尻を浮かせてください。

③お尻を床ぎりぎりまでゆっくり下ろします。

④①~③を15~20回繰り返します。

○まとめ

いかがだったでしょうか?

有酸素運動を行う前に筋トレをすることで体脂肪が燃焼しやすくなることが分かったと思います。

有酸素運動をすることで期待できるダイエット、血行促進、美肌やむくみ改善の効果を効率よく得るためにもあなたの生活に筋トレの習慣を取り入れてみてはいかがでしょうか?

持久系筋トレ中心とした細マッチョを目指すには

筋トレをするために週一でジムに通っています。元々はジムに通う目的はダイエット目的でした。でも段々筋肉がついていくのが面白くなり、今ではベンチプレス、デットリフト、スクワットのBIG3が大好きです。食事ですが私は朝ごはんがプロテインとバナナですね。

鍛神HMBの効果と私の口コミ&評価!市販の販売店での売り場も調査!

ここでは炭水化物を摂取せず体が疲れにくく消費しやすい食材及びたんぱく質は大事なのでプロテインを摂取しています。そして仕事場まで通勤RUNを行い毎日10キロ以上の距離を走っています。お昼ご飯は炭水化物とたんぱく質、ビタミンを中心とし野菜を多めに摂取しています。

夕方になるとジムに行くのですが私は走ることが好きなので30分くらいランニングマシンでひたすら汗をかいていますね。ベンチプレスは最も好きな器具となります。男といえば大胸筋ですから100キロの重量を目指して努力しています。

あの最後に一回上がるか上がらないかの戦いは精神力も鍛え上げられますし仕事にも活用できそうです。私は市民ジムに通っています。昔は会員制の所に通っていましたが時間が取れず回数もそこまでこなせてなかったので変更しました。

筋トレとランニングをするとダイエット効果が大きいです。新陳代謝が上がり痩せやすくなります。筋トレの前に走るか筋トレ後に走るかでも筋肉の付き方は変わってきますので是非お勧めします。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén