さりげないエアコンの調整で電気代を節約しよう

カテゴリー: 筋トレ

筋トレデビューしたものの難しい

最近、ダイエットの為に筋肉をつけないと痩せる体質にはならないと思い、時間は短いけど毎日コツコツとやってます。毎日ひたすら同じ事を続ける事が大切と、自分に言い聞かせなるべくサボらないですむ時間のをYouTubeから探しやってます。4分もののが自分では気にいってやってますが、今まで、体を動かさない、やろうと思っても続かないの連続でしたが、今はなんとかまだ1カ月くらいですが、続いてます。

鍛神(きたしん)の効能検証!!

でも、家の人、特に夫に見られるのがなぜかとてもイヤでいない時や、風呂に入ってるときにササッとやってしまいたく、4分のプランクを中心にやってますが、4分でもこの年齢になるとキツイこと。心がポキっと折れそうですが、体の中から変えないとと、思い頑張ってやってます。また、寝る前にもいいというのもしてますが、みんなが寝てるとやりやすいのですが、

起きてるとやりづらいので、半分くらいでやめてしまったりもしてます。ですが、とにかく毎日コツコツと続けていればいつか目に見えてわかるほどの効果があると信じて、何度も言ってますがコツコツと地道に毎日続けてやっていって、今の目標は10キロ痩せる事なので、痩せたね。と、言われるまで頑張りたいと思います。疲れて、今日はナシで明日やる。は、無しにして疲れててもやっていきたいと思ってます。気持ちはとても前向いてる発言してますが、ちゃんとやりたいと今回はなぜか気合い入ってます。

筋トレも正しいフォームで正しく行おう

皆さんは、筋トレする際に、適当な重さでただウエイトを上げ下げしているだけではありませんか?

そのようなやり方では、筋肉がつかないだけでなく、逆に体を傷めてしまう恐れがあります。

筋トレするにも、正しいフォームは大切です。

鍛神

ウエイトを上げ下げする際の軌道や、動作ごとの姿勢、そして呼吸に至るまで、正しく行うことによって、正しく筋肉をつけることができるのです。

トレーニング種目ごとの正しいフォームは、書籍やインターネットなどでご紹介されていますので、ぜひご参考になさって下さい。

また、ウエイトの重さは、10回から15回を3セット行った際に、3セット目でいっぱいいっぱいになるぐらいの負荷に設定しましょう。

そして、その重さに慣れてきたら、さらにウエイトを増やすようにすれば、筋肥大の効果をより一層増大させることができるでしょう。

呼吸やウエイトを動かす速度も、正しく行うことによって、より筋肉がつきやすくなりますので、これらも忘れずに習慣づけましょう。

元の位置から、負荷がかかるところまでは、できるだけ早くウエイトを動かし、息も素早く吐きます。

そしてウエイトを元の位置に戻すときは、息を深く長く吸いながら、ゆっくりと戻します。

正しいフォームと正しい重さで、このようなウエイトを動かす速度と呼吸にメリハリをつければ、より効果的な筋トレが期待できるでしょう。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén