女性の命とも言われる髪の毛。

私の髪の毛はごわごわで自己主張が激しく毛量も多い。思春期あたりから自分の髪質にコンプレックスを感じていた。

大学生になり髪色や髪形に社会的な制限がなくなった私は、パーマをかける、ヘアカラーを明るくするなどして

憧れのふわふわ猫毛の女の子に近づこうと尽力していた。

ニューモ育毛剤の口コミと効果を紹介!市販の実店舗での取り扱いは?

髪質が柔らかく見えるヘアカラーといえばアッシュカラー。今ではメジャーになったアッシュカラーは、おしゃれ雑誌などで外国人風ヘアカラーなどと称され、注目を浴びている。私はそのアッシュカラーに着目し、手を変え品を変え、憧れのふわふわ猫毛の女の子目指し頻回にカラーリングをしていたのである。

大学生の頃は金銭的に余裕がないため市販のヘアカラーリング剤をドラッグストアで購入し自宅で染髪していた。比較的器用であるという自負があるため、その頃はその出来栄えで満足していた。私が学生時代であった5年前は、市販のカラーリング剤に今よりもアッシュカラーのバリエーションがなかったように思う。

しかし、学生時代に自己流の染髪を月一で実施されていた私の髪の毛は蓄積ダメージを大きく受けており、髪の毛一本一本余すところなく枝毛、切れ毛ができていた。

ふと思った。女子の命は髪ではなかったか。髪質を柔らかく見せようとしてヘアカラーにこだわり、髪質を損なっているのでは本末転倒ではないのか。

そんなアホなわたしも現在は社会人になり、カットとヘアカラーは美容師さんにお任せしている。美容室に行けば美容師さんから絶対に「毛量多いね~」と半笑いされるがそんなの構わない。

オーダーの時は絶対に「髪色の透明感重視で」とお願いする。もちろんヘアカラー後のトリートメントもセットで。