髪が痛んでいると、テンションが下がりますね。

そこで自分で出来るセルフケアを紹介します。

傷んだ髪のセルフケアの3つの方法

1.ドライヤーをする前にオイルで保湿をする。

 髪の乾燥が気になる場合は、度々アウトバストリートメントで保湿を心がけてください。

 ただしヘアアイロンを使用する場合は要注意です。アイロンをする直前にトリートメントをつけると、湿っている髪から急激に蒸気が飛んでしまい髪に負担がかかります。

 つけるタイミングとしてはアイロンをする直前でなく、ドライヤーをする前の濡れた髪に使用するのが適切です。

ベルタシャンプーの効果を徹底解析!白髪やくせ毛に有効な成分は?

2.ブラッシングで頭皮ケアをする。

 健康な髪を維持するにはブラッシングはとても大切です。頭皮の血行を良好にするので、髪の毛にツヤが出ます。

 しかし絡んだ状態の髪を無理に力を加えると髪を傷める原因になりますので気を付けてください。

3.トリートメントはしっかりと時間をおいてなじませる

  トリートメントは髪の毛に栄養分を与えます。よってつけてすぐ流さずに少し時間を置いて浸透させた後に流してください。蒸しタオルをくるむと効果が倍増します。

まとめ

1.ドライヤーをする前にオイルで保湿をする。

2.ブラッシングで頭皮ケアをする。

3.トリートメントはしっかりと時間をおいてなじませる。

いかがでしょうか、この3つをやるだけで

傷んだ髪は改善するでしょう、時間を作ってやることをお勧めします。