ある朝のことです。

いつも通りにお化粧をしようと鏡をのぞいてみると、

「あっ、顔にシミができている!」

あまりの驚きで、思わず声が出てしまいました。

私にもとうとうやってきてしまったのです、シミが。

http://www.cartpioneers.org/

どうして私に?

キレイな肌と言われ続けてきたのに、いったいどういうこと?

頭の中を疑問がグルグルと回って、パニック状態です。

この日から、私はシミと格闘する長い日々を過ごすことになりました。

考えてみると、ずいぶん昔の中学生の頃、

炎天下で部活動をしていました。

いえ、炎天下だけではなく、曇りであろうが大雨の中であろうが、

年中スッピンでやっておりました。

これが原因に違いない!

中学生の私がシミの原因を作ったんだ!

私にはそう思えてなりませんでした。

とにかく嫌なのは、シミがあると生活に疲れている感じがして、

オバサン度が大幅にアップしてしまうことです。

毎日コツコツと美白ケアに励んでおりますが、

シミが消えないとなれば、

もう後は、受け入れて末長くお付き合いをするしか

道は残っていないのです。

もしできることなら、中学生の私に会いに行って、

日焼け止めの一つも塗らないままで部活をするのはやめなさいと、

声を大にして言いたい!

今日もまた、念入りに美白ケアをしていますが、

私の悩みの種は、なかなか消えてはくれません。