人間の体で髪の毛程謎に包まれている部分は少ない。私は、約30年間髪の毛について、独自のケアを続けてきた。
そして、あらゆる洗い方、あらゆるシャンプーやせっけんを使って、髪の毛をいたわってきた。今回はその経験を短いが明文化してみることにした。

まず、私は、小さいころから、髪の毛にふけが溜まりやすい体質だった。そのせいか、髪の毛には人一倍悩まされてきたつもりである。

ニューモの口コミと効用!

若いころは出来るだけ髪の毛に負担をかけないような洗い方をしていたが、それは逆に抜け毛を増やす結果を招いたようである。
特に、髪の毛を洗う点で大切なのが、頭皮の奥にたまる油のようである。

私は、当初風呂のお湯や水に頭を衝ければ、自然と髪の毛の根元まで水分が届くと思っていたが、実はそうではないようである。

この頭皮の油が、水をはじく性質を持っているため、水分やせっけんの成分が根元まで届かず、汚れが球って、髪の毛に酸素が届かず祢けてしまう結果を招いていたようである。

こうした、紙の洗い方で悩んでいる男性は、世の中に多いことだろう。大切なのは、しっかりとシャンプーを指で泡立たせ、指の腹を使って、ゆっくりと洗い、頭皮に刷り込むように洗うことだろう。

そして、私の場合、おでこに油がたまりやすく、いつもてかっている。やはり、おでこのテカリも髪の毛の頭皮同様油がたまって、テカリを放っているようなのだ。
だから、おフロやシャワーを浴びる時は、頭皮やおでこに水分が浸透するように、水を馴染ませるように洗うように心がけている。