大学生の時に付き合った彼。彼を最初に見かけた時、素朴な雰囲気に惹かれた。地方出身と聞き、東京出身の自分との違いに魅力を感じた。そんな彼から彼女になってほしいと言われ、付き合うことになった。

医者との出会いが見つかる婚活サービス!

彼は大学生ながら、絵や文筆の活動もしているアーティストだった。付き合った後に知ったことだが、高校生の時からいくつも賞をもらっていて、テレビの取材を受けたりしていた。成績も常に上位で、まわりの友達はみな彼を「すごい」と言っていた。性格も穏やかなので「いい人」と言われていた。私は、そんな彼の彼女になったことが誇らしかった。

彼は、彼の活動の仲間に私が“彼女”であることを紹介してくれなかった。それが私には大きな不満だった。それから彼の活動が忙しくなり、全く会えなくなった私は付き合っている意味をみいだせず、彼に不満をぶつけ、別れることになった。

当時彼が言っていたことを思い出す。「自分の活動と彼女は全く別で分けて考えたかった」と。私は彼と比べて圧倒的に平凡だったが、彼が私に求めていたのは、彼を応援し、彼が本当に疲れた時に癒しを与えることだった。

社会人となった今は彼の気持ちがわからなくも無い。しかし今の大学生だって、こんな彼氏を理解して付き合い続けるなんてできるのだろうか。