50歳を過ぎたころ、ふと日頃の生活でカラダの重みを感じ、体重計に乗ってみると、なんと95キロ…
毎晩の晩酌や、歳も考えず満腹になるまで食べ、休日にはジャンクフードを食べ漁った結果である。

http://www.levillare-villerssurmer.com/

40代の頃はそんな生活でもなんとか代謝してくれて、90キロ台まではいかなかったものの
やはり50代になると、そうはいかず、自分の老化をまざまざと感じました。
当時、転職活動中で幸いなことに時間は有り余っていました。

まず実施したのが食事制限によるダイエット。
その日からアルコールをやめ、食事は夜だけ、ベーコンエッグのみとしました。
と同時に、エクセルで体重管理のグラフを作り、体重の変化を可視化しはじめました。

次は自転車と、家の中で自転車をこげる器具を購入し
20分を1セットとし、1日4セットをルーティーンとし、黙々と自転車をこぎましだ。
自転車をこぐのはカロリーの消費と、汗をかくことが目標だったので
その際には、なるべく多く服を着こみ大量の汗をかくよう工夫しました。

最初の1週間は、みるみるうちに体重が減少していきましたが
途中、家族と外食に行ったりすると、あっさり体重計の数字はリバウンドしていました。
また、体重計のグラフも日を追うごとに、減少量は少なくなっていきました。

それでも、あきらめず食事制限と自転車によるダイエットを続けた結果
2か月で16キロ、79キロまで体重を落とすことができました。
それまで着られなくなっていたスーツが着られるようになり、顏のラインもすっきりしたようで
ちょうどその頃面接を受けた会社で、履歴書の写真と見比べられ
「ずいぶん、すっきりされましたね。」
と言われました。

ダイエットは体に入れる量を減らし、体から出す量を増やすことが基本。
あとはその行為を、強い信念を持って続けられるかどうかだけだと思います。