髪がパサついてまとまらない・・MEDULLA(メデュラ)シャンプーを辛口評価!

パサパサな髪と美しい髪では、印象年齢が5歳以上も違うと言われています。

カラーやパーマの繰り返しが、髪の毛にダメージを与えることは当然ですが

毎日のヘアケアでもダメージが蓄積されてしまっていることはご存知ですか?

せっかく美容室でトリートメントをしても、日頃のヘアケアが間違っていれば、すぐにパサパサ髪に戻ってしまいます。

毎日のヘアケアを少しずつ見直すだけで、綺麗な髪を保つことができるんです。

1 シャンプーの時は髪の毛同士をこすり合わせない

髪の毛同士をこすり合わせることにより、髪の表面を覆っているキューティクルが損傷してしまいます。損傷した部分から水分が蒸発し、髪の毛がパサつく原因となります。

シャンプーは頭皮を洗うもの。髪の毛同士をこすり合わせないようにしましょう。シャンプー前にシャンプーブラシを使って、髪の絡まりをほどいておくのも効果的です。

2 なるべく紫外線を避ける

カラーリングやパーマと同じくらいのダメージを髪に与えるという紫外線。

特に初夏は1年で紫外線が多い季節で、肌とおなじように髪も紫外線から守ってあげる必要があります。

日傘や帽子で紫外線によるダメージを予防しましょう。専用のヘアスプレーなどを取り扱っている美容室もあるので、担当の美容師さんに尋ねてみるのもいいかもしれません。

3 濡れたまま寝ない

濡れたままの髪はキューティクルが開いたままの状態です。前述の通り、キューティクルの損傷は髪のパサつきの原因に。必ず、髪は乾かしてから寝ましょう。

また、ドライヤーによる熱ダメージを防ぐために、タオルドライはしっかりと行うとよいでしょう。

これらのことを、毎日少しずつ気をつけるだけで、髪を綺麗に保つことができます。

「あれ、なんか若返った?」と言われちゃうかも??今日からぜひ試してみてください。