息子は生まれたときから感が強く、全然寝ない子でした。セノッピーは効果なし?!購入して娘に飲ませた私の口コミを暴露!

育児本には、新生児は一日の殆どを寝て過ごすと書いてあったのですが、我が子は9時間以上起きていることもしばしば・・・。あまりにもよく泣くので、何かの病気かと思い病院に連れて行ったりセンターに相談したりしたのですが、どこも異常なし。本人の性格なのでゆったりした気持ちで育児するようにとのアドバイス。

基本的に内気な性格で、公園に連れて行ってもすぐに帰りたがっていました。言葉はとても早く、3歳前からかなりの語彙力でした。当時、息子は本がとても好きだったので、一日に何冊も読み聞かせをし、本人もとても喜んでいました。幼稚園の頃までは本が大好きだったのですが、小学校に入るとめっきり読まなくなり、漢字が大の苦手。小学校6年間、成績表には常に漢字を頑張りましょうと書かれていました。そんな息子も早いもので現在中学1年生。相変わらず漢字は苦手ですが、今は動画編集にハマっています。親の私が分からない事やできない事もYouTubeやGoogleで検索し、すぐに自分のものにしています。情報収集の素早さには目を見張るものがあります。

私たち親世代が子どもの頃は、とにかく勉強して大学に行くことが良しとされていたように思います。特にやりたいことがないなら大学に行って4年間で考えなさいと・・・。それでその結果、何となく名の知れた、自分の知っている企業の面接を受け就職。勿論、強い志を持って進路を決めた方もいると思いますが、少なくとも私はなんとなく・・の方でした。

情報が簡単に手に入る現代、息子にとにかく大学に!!というつもりは全くありません。自分の興味のある分野について、自分で調べ、自分の道を切り開いていってほしいと思っています。昭和の常識は令和では通用しないことも多いと思います。現代っ子の強みは情報が簡単に手に入るということ。この強みを最大限に活かしてこれからの変わりゆく日本を盛り上げてほしいと願っています。