私は元来、やせ型で太らない体質でした。胃下垂と言いますか、虚弱体質と言いますか、とにかくガリガリで、高校生の頃は155センチで38キロ。大学に入ってから、少しだけ運動を始めた事もあり、筋肉がついた分だけ体重も増加しましたが、それでも42キロ程度。

そんな私が急激に太りだしたのは、社会人になってから。食生活が不規則になり、ストレスやホルモンバランスの乱れなどで、一気に15キロも増加したのです。それでも「丁度良い」くらいに思っていたのですが、さらに10キロ増量した頃には、お腹のたるみと太腿の張りによって、洋服のサイズもついにLLへ。http://www.yococu2016.com/

やっとダイエットを決意しました。と言っても、ジムに行く時間もお金も無いので、手っ取り早くできる「はかるだけダイエット」からスタート。毎日体重を測るのは、意外に新鮮な発見がありました。朝と夜の変化はもとより、食事の量やその内容、運動の有無など日によって変わるという、単純な事を改めて知る事が出来ました。

この方法は、きっと誰でも続けられる方法であると共に、自己管理の方法としても、意外に優れているのではないかと思います。お金も時間もかからず、特別な食材や器具も必要としません。流行りすたりも無いし、少々自己流にアレンジしても問題ありません。朝と夜だけ体重計に乗るーただそれだけを心掛けるという、実に楽なダイエット法です。

これを実践して、最大68キロあった体重が、5年後の今は60キロまで減りました。特別な事は何一つやっていませんが、記録する事で自分が記憶するため、食事などを必然的に気を付けるようになったのが、勝因だとは思います。今すぐ結果が欲しい、という方には向かないかも知れませんが、のんびり健康を目指す方には合う方法でしょう。