わたしは10代のころ、思春期ニキビに悩まされました。

このエピソードは、きっとうなずいてくれる方も多いはず!

中学生あたりからポツポツとできるようになり、わたしが最もひどかったのは10代後半。アンエアンを使ったアラサー女子の口コミ

しかしそれも20代に入ると落ち着き始めました。

たまにできたとしても、丁寧なスキンケア、じゅうぶんな睡眠、それらでケアできるようになりました。

もうニキビなんて怖くない!そう言いたいところだけれど、また別の問題がわたしを苦しめだします・・・

それは「ニキビ跡」。

10代のころ、特にニキビがひどかった「頬」に、凹凸のない赤い跡が残ってしまったのです。

厄介なことに、仕事が忙しい時や生理前などはこの跡が濃くなる・・・

コンシーラーを何度も重ねないと隠れてくれない、なんて日も。

「お休みの日は日焼け止めだけ」なんて言うキラキラ女子たちに憧れて、新しいスキンケアを試したり、エステの門を叩いたりしたのですが、どれも高い効果は得られず。

わたしはどんな時もコンシーラーが手放せない系女子になってしまいました。

ニキビは治した後も大変なんだ・・・ということを身に沁みて実感(それとも10代の時の治し方がいけなかったのかしら・・・)。

なんとか自分のお肌に合う方法を見つけ出して、コンシーラー要らずなお肌になりたいものです。