もともとBカップだったので、貧乳のグループです。http://www.mullettlake-maps.org/

しかし、ありがたいことに出産後の授乳では、非常に母乳の出はよかったです。

普段は張っていないのに、赤ちゃんが泣くと溢れるように出ました。

それこそ、いくつもの乳腺から四方八方に飛ぶ状態です。

そのため、タオルではなく授乳時にバスタオルが離せませんでした。

お陰で、哺乳瓶の消毒や夜中に起きてミルクを作る必要がなかったです。

どうしても睡眠不足になりがちなので、非常に助かりました。

また、それほどおっぱいが出るのですから、当然バストサイズもアップします。

期間限定ながら、いわゆる「ボンキュッボン」のスタイルを経験できました。

ところが、授乳を終えるとバストはもとのBカップには戻りませんでした。

なんと、Aカップにも満たない貧乳になってしまったのです。

そのうえ、授乳時に巨乳になっていたので、皮膚が伸びてしまったのでしょう。

「こんな小さい胸に重力がかかるのか?」と疑問に思うほど、見事に垂れてしまいました。

胸筋を鍛えれば、いくぶんかバストアップをするかと思い、チャレンジはしてみました。

しかし、伸びた皮膚の張りばかりは、改善できないようです。

もちろん、我が子を母乳で育てられたことに、後悔はありません。

ただ、授乳時からきちんとバストケアをしていればと感じております。